精神論ぬきの電力入門 澤昭裕著

精神論ぬきの電力入門 澤昭裕著

大震災以来、にわかにクローズアップされた電力問題。エネルギー政策や温暖化対策に携わってきた政策研究者の著者は、脱原発論、原発推進論共に現実的・建設的議論をせず、感情論ばかりが先行していることを憂える。そして、今後も電力を使い続ける以上、もっと現実的な立場からの議論が必要だと考える。

電力問題の現状と論点を整理したうえで、再生可能エネルギーはどこまで期待できるのか、電気料金はどうなるのか、電力会社はこのままでいいのか、など山積みの検討課題を客観的なデータを積み上げながら丁寧に解説する。

ちなみに、資源の乏しい日本は、原子力をエネルギー源の一つとして保有すべきだとするのが、著者の立場である。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。