ベルギー追悼集会で極右集団と警察が衝突

警察は新たに13カ所で家宅捜索

 3月27日、ベルギーの首都ブリュッセル中心部で、同市内の空港と地下鉄で起きた連続爆破攻撃の犠牲者を追悼する集会が開かれた。写真はブリュッセルで27日撮影(2016年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 27日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセル中心部で27日、同市内の空港と地下鉄で起きた連続爆破攻撃の犠牲者を追悼する集会が開かれた。当局は捜査への集中を理由に開催延期を要請していたが、数百人が集まった。

集会はおおむね平和的に行われたが、騒ぎを起こした一部参加者に警察が放水銃を使用する場面もあった。地元メディアは極右集団が集会に乱入したと伝えた。

当局によると、警察はブリュッセルとアントワープの周辺で新たに13カ所で家宅捜索を行った。9人が事情聴取を受け、このうち5人が釈放されたという。

イタリアのメディアは26日、攻撃に関与した過激派の人物に偽造文書を提供した疑いでアルジェリア国籍の男を逮捕したと報じた。

ベルギーの検察当局は26日、「ファイサル・C」という名前の男を含む3人を訴追。地元メディアは「ファイサル・C」について、空港の監視カメラに映っていた、カートを押していた帽子姿の男で、名前は「ファイサル・シェフー」だと報道。しかし関係筋によると、捜査当局はこの男が「シェフー」であるとの確認はとれていないという。

22日に空港と地下鉄で起きた攻撃では31人が死亡した。負傷者は340人に上る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT