(第9回)2009年就職戦線はこう動く

企業1000社、学生1600人大アンケートで判明

(11)昨年よりも採用基準を上げた(企業アンケート)

【表11】

  1名~
100名
101名~
300名
301名~
500名
501名~
1000名
1001名~
5000名
5001名以上 総計
昨年より採用基準(レベル)を上げている 65 48 28 29 15 3 188
昨年並みの採用基準(レベル) 155 211 102 83 119 29 699
昨年より採用基準(レベル)を下げている 5 10 2 1 1 19
その他 31 8 5 2 1 5 52
総計 256 277 135 116 136 38 958

・昨年と比べた採用基準を従業員規模別で見ると、1001名以上の2つのグループでは「基準上げた」とする回答は、それぞれ11%(1001~5000名)と7%(5000名以上)であった。
・対して、その他のグループでの採用基準の引き上げは、101~300名規模のグループの17%、その他のグループはすべて20%を超えた。
・大企業では定着している厳選採用の姿勢が、企業規模にかかわらず浸透してきた結果を示すものとなった。

(12)景気減速が採用活動に影響するか(企業アンケート/学生アンケート)

【表12-1】企業アンケート
  1名~
100名
101名~
300名
301名~
500名
501名~
1000名
1001名~
5000名
5001名以上 総計
影響があり、採用計画数を減らす 15 22 7 7 7 1 59
現時点で影響はない 180 227 118 100 121 30 776
チャンスと見て、採用計画数を増やす 30 14 4 2 2 1 53
その他 18 14 6 7 6 6 70
総計 256 277 135 116 136 38 958

【表12-2】学生アンケート
文系:

外国語
教育
文系:

経済
社会
国際
総合科学
文系:
その他文系
理系:
機電情報系
理系:
土木
建築系
理系:
化学系
理系:
農学
薬学系
理系:
その他理系
総計
感じない 166 343 109 155 30 59 70 87 1,019
少し感じる 70 156 75 50 13 22 23 35 444
感じる 20 37 15 9 5 6 6 8 106
非常に感じる 5 9 5 0 1 1 2 3 26
その他 8 12 7 5 2 2 2 6 44
総計 269 557 211 219 51 90 103 139 1,639

・企業アンケートでは、景気の減速感が採用計画に与えている影響は微風程度であるといえる。企業規模別に見てもそれほど大きな差はない。
・学生アンケートでは、学部系統別に見てみると「感じる」と答えた学生の割合が最も低かったのは機電情報系の学生の4.1%であった。
・また、「感じる」に「非常に感じる」を加えた結果、最も危機感を抱いていた学部系統は土木・建築系であり、文系を含めても唯一10%を超える11.7%の「危機感率」となった。

採用プロドットコム株式会社
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
採用担当者のための専門サイト「採用プロ.com」を運営。新卒、中途、派遣、アルバイトなどの採用活動に役立つニュース、情報、ノウハウを提供している。
http://saiyopro.com/
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。