(第9回)2009年就職戦線はこう動く

企業1000社、学生1600人大アンケートで判明

(2)すでに面接を受けた会社数(学生アンケート)

【表2】

  文系:

外国語
教育
文系:

経済
社会
国際
総合科学
文系:
その他文系
理系:
機電情報系
理系:
土木
建築系
理系:
化学系
理系:
農学
薬学系
理系:
その他理系
全体
0社 78 138 59 87 14 17 11 35 439
1社 55 106 34 52 9 15 17 28 316
2社 58 99 39 33 10 16 14 19 288
3社 27 73 22 22 5 9 18 14 190
4~6社 43 91 37 17 12 18 18 26 262
7~9社 3 33 15 7 0 8 16 12 94
10~14社 5 12 4 1 1 2 7 4 36
15~19社 0 1 0 0 0 2 0 1 4
20~24社 0 2 0 0 0 2 2 0 6
25~29社 0 0 0 0 0 0 0 0 0
30社以上 0 2 1 0 0 1 0 0 4
全体 269 557 211 219 51 90 103 139 1,639

・学部系統の内訳を見ると「面接を受けたことがない」と回答した学生が全体の10%台だったのは、化学系と農学・薬学系のみ。これらの学部系統の学生の接触率の高さを裏付ける数値である。
・なかでも農学・薬学系の学生の現時点での内定保有率は学部系統別では唯一の20%台、接触から選考・内定がスムーズに進んでいる結果であろう。
・一方で企業に人気が高い機電情報系の学生の「面接未経験率」は唯一40%に近い。早期からの採用活動が目立ったが依然「機電系の学生の動き」は遅いということを裏付ける結果となった。

(3)面接、選考はすでに開始(企業アンケート)

【表3】
回答 1名~
100名
101名~
300名
301名~
500名
501名~
1000名
1001名~
5000名
5001名以上 総計
すでに選考は終了している 1 1   3     5
3月前半の時点ですでに開始している 101 144 73 58 63 10 449
3月後半に開始する 30 49 27 22 21 1 150
4月に開始する 44 40 20 24 48 22 198
5月以降に開始する 32 24 9 4 1 1 71
その他 48 19 6 5 3 4 85
総計 463 277 135 116 136 38 958

・全体のほぼ半数(46.8%)を占めた回答は「3月前半までに開始」であったが、従業員規模で内訳を見ると、1~100名規模の企業と5001名以上を超える規模の企業のグループだけが20%台を示した。
・その他の規模別のグループは、1001~5000名の企業が46.3%を示す以外は、すべて50%を超えている。
・本格的な選考早期化の流れは、従業員規模の最大最小に属するグループではなく、その中間に位置するグループが牽引しているといえる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。