中国コンテンツ海賊版最新事情--正規版として流通する海賊版DVD、ゲームでは海賊版歓迎戦略も


山谷剛史  ライター

映画からゲーム、パソコンソフトなどなど海賊版の横行で悪名高い中国。昨年、世界中から熱い視線を集めた北京五輪の際には、外国人が訪れやすい地域を中心に、DVDなどの海賊版販売業者を閉め出した。だがそれから1年余り。北京や上海の住宅街でも依然として海賊版DVDショップ(上写真)はあり、中国国内外の映画・ドラマはもちろん、日本のアニメも販売されている。
 
 外国人の目に留まりやすい北京・上海ですらそうなのだから、中国全土を見れば、都市部の繁華街から住宅街まで海賊版DVDショップがあり、農村部の集落でも海賊版DVDショップが営業している。

中国のこういった業者の中には、あからさまに海賊版DVD・VCD・CDのみを販売する屋台や店舗もある。しかし、よりやっかいなのは、正規版コンテンツを“自称”する海賊版DVDが、一目でわかる海賊版DVDよりも豪華なパッケージで売られていたり、低価格ソフトウェアブランド「芝麻開門」をはじめとしたソフト販売業者から、さりげなく発売されていることである。

販売されている“本物のようなDVD”には、詰め込まれたタイトルをみれば、明らかにNGなものがあるが、権利を持つ業者による正規の2次ライセンス商品の“可能性もある”微妙なものもある。2次ライセンス商品のような体裁の場合、正規の商品かどうかは調査に時間がかかり実際に取り締まることは困難。

困ったことに中国全土で展開する大手書店チェーン「新華書店」や、ネット通販の「Amazon」中国版でもそうした製品が販売されているのだ。一般的には、販売者はそうした商品を“正規版”と認識して販売している。しかし、実際に正規品の可能性はほどんどないと言われる。


■新華書店内。正規版も売られていれば、自称正規版の海賊版も売られている

相変わらず活況な海賊版市場だが、中国でも利用者3億人超となったブロードバンド(主にADSL)の普及によって、海賊版のネット化が進んでいる。ネットでは、YouTubeにそっくりなコンセプト・デザインの動画共有サイトがいくつも台頭。海賊版販売店に行かずとも、ネット代さえ払えば、いくらでも最新の映画やテレビ番組が見られるようになってしまった。数年前より海賊版はもっと安価で便利になってしまったわけだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。