中国コンテンツ海賊版最新事情--正規版として流通する海賊版DVD、ゲームでは海賊版歓迎戦略も

拡大
縮小


 現在、日本のコンテンツの海賊版は野放し状態。日本でアニメの最新話が出れば、あっという間に中国のYouTubeもどきのサイトにそれがアップロードされる。日本のコンテンツホルダーもクレームは発しているが、YouTubeもどきサイトで最も人気の「優酷網(Youku)」や「土豆網(Tudou)」は、日本からは動画が閲覧できないようにしているだけ。日本から動画データをアップロードすることはできるし、中国では見放題のままだから、まるで意味のない対策しか行っていないのが実情だ。

中国での海賊版撲滅は、関係者も「それ自体はしばらくは不可能」とあきらめているといったところ。そこで、海賊版の存在を前提にビジネスを進める動きが見られるようになった。


■海賊版が正規版として販売されている中国のアマゾン

たとえば、最近では、中国の映画・ドラマ・アニメのコンテンツホルダーが、YouTubeもどきのサイト管理会社に対し、司法の場で損害賠償を請求するニュースが聞かれるようになった。撲滅が無理なら、海賊版配信業者に対して、損害賠償請求で利益を回収しようというわけだ。それなりにビジネスをしているサイトなら、正面からたたけば多少は取れると見ているようだ。

この9月に、権利管理会社のコンテンツバンク(東京都・峯岸俊介社長)が中国国内で中国企業と提携し著作権ビジネスを行うと発表するなど、日本のコンテンツ関連企業も中国市場には高い関心を寄せている。中国で権利ビジネスを展開するうえでは、ライセンス供与と同時に、損害賠償でたたくところはたたき、日本企業も海賊版に対し注目していることを中国の業者に間接的に訴えていくことが重要だろう。

法的手段だけでなく、動画サイトや海賊版を積極的に活用しようという動きもある。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT