国語教科書の中の「日本」 石原千秋著

国語教科書の中の「日本」 石原千秋著

国語教科書に収録されている昔話から評論、小説等といったさまざまな教材は互いに響き合ってあるコンテキストを生成し、それを共有してしまう問題があると著者は指摘する。そのコンテキストとはすなわち「古き良き日本」だ。

前著『国語教科書の思想』で「国語教育=道徳教育」と論じた著者が、その後改訂された小中学校の国語教科書約50冊をテキストとして詳細に分析し、表層的に隠されたメッセージを読み解く。

国語教科書こそが内面の共同体を創る装置だとあらためて確信したという著者が、国語教育で行われる「教育を受ける側には見えないイデオロギー教育」という問題を提起し、「国語教科書-国語教育-入試国語」の現状を考察する。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。