特攻隊振武寮 大貫健一郎、渡辺考著

特攻隊振武寮 大貫健一郎、渡辺考著

沖縄に向け知覧を飛び立った特攻機は、敵艦に突っ込むか敵機に撃墜されるか二つに一つ、のはずだった。そもそも片道分の燃料しか積んでいないのだから。だがエンジン不調や機体損傷で奄美列島に不時着するものも少なくなかった。

そのようにして生き残った帰還兵大貫健一郎少尉の生涯が、NHKのドキュメンタリーとして放送された。それを再構成した本書は特攻隊の一部始終と本質を見事に描き出している。

自らと特攻仲間、上官たちの言動が率直に語られ、渡辺考ディレクターによる戦況や戦略戦術の解説も明快だ。片道切符の特攻隊員は飛び立てば即、戦死公報の対象となる。だから不時着隊員の生存はあってはならないことだった。

彼らは福岡の振武寮に集められ参謀から苛め抜かれる。計器も無線も機銃も、そしてろくな訓練もなく「行けば何とかなる」と言われて送り出された隊員たち。特攻を美化することの無責任さが浮かび上がる。(純)

講談社 1890円

楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。