孫泰蔵氏「場外ホームランか三振の投資を」

新たなベンチャー投資を始める狙いとは?

泰蔵氏は以前から「アジアにシリコンバレーを作りたい」と主張し続けてきた
1996年の東京大学在学中にヤフージャパンの設立にかかわり、兄はソフトバンクグループの創業者である孫正義氏。日本のネット業界に草創期から携わり、出資などを行う起業支援会社「モビーダ・ジャパン」を2009年に設立するなど、スタートアップの投資育成に力を注いできた孫泰蔵氏。
今年は投資育成事業の「Mistletoe(ミスルトウ)」を本格始動させる。「モビーダ・ジャパン」とは何が違うのか。新事業の狙いについて聞いた。

 

――以前から「モビーダ・ジャパン」でベンチャー業界にかかわってきました。新たに「ミスルトウ」を始動させることにはどのような意味があるのでしょうか?

ミスルトウは2013年からありましたが、活動を本格化させるのが今年からということです。「モビーダ・ジャパン」は短期で期限を決めて投資を行う「バッチ型」の事業で、「ミスルトウ」は「スタートアップスタジオ」と呼ばれる、共同創業に近い業態です。シリコンバレーでもまだ数は少ないです。

アジアにシリコンバレーを作る

資金や場所を提供しつつ、一緒に製品やビジネスモデルを開発し、投資家を紹介するなど追加の資金調達も手伝う。ですから、それほど多くの会社を手掛けることはできません。そのかわり、すごく厳選して、とても深く入り込みます。

事業内容によりますが、投資期間も1~2年では終わらない。起業家が集うイベント「スラッシュ・アジア」も昨年、今年と開催しますが、こうした活動を通じてアジアにシリコンバレーを作りたいという思いです。「モビーダ・ジャパン」は一定の役割を果たしたと考えて、現在は活動をいったん休止しています。

ーー「ミスルトウ」という名の由来は?

ミスルトウはヤドリギ(宿木)という意味です。ヤドリギに巣を作った鳥が実を食べると、消化されずに残った種が糞とともに排出され、発芽して森が広がっていきます。スタートアップの生態系の中で、あまり目立たないけれど、実は結構良い役割を果たしている。そんな存在になれたら良いなと思っています。

次ページ「場外ホームラン」を狙う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT