富士ゼロックスが「アイデア公募」を行う理由

将来に向け、イノベーションをどう起こすか?

こだわったのはテーマ設定。あえて「価値あるコミュニケーションを実現する近未来のソリューション」などと、あいまいなテーマにしたという。

発案者である大川氏(左から2番目)とプロジェクトのメンバー

「近未来の複合機」といった具体的な案もあったが「複写機の概念にとらわれず、より本質的な”価値のあるコミュニケーションとは何か”について考えるものにしたかった」(大川氏)。

審査を経て、最終結果が発表されるのは4月16日だ。優秀な案は社内で製品化の検討が行われるが、製品化のプロセスに提案がどの程度関わっていくかについてはまだ決めておらず、協議した上で柔軟に対応していくという。

今後の成長につなげられるか?

Wemakeのプロジェクトには、優勝した案の製品化を確約しているものも多いが、今回はその方式はとっていない。ただ、実用化に消極的なのかというと、そういうわけではないようだ。

馬場氏は「商品化を前提にすると、アウトプットの形が限定されてしまうから。簡単に作れる商品でなくてもいいし、形がないサービスでもいい。多様なコンセプトを受け入れるために、商品化を前提とはしなかった」と真意を話す。

近年、日本企業では、自社のみで行うことが多かった開発体制を改め、社外の知見を活用する「オープンイノベーション」の動きが広まりつつある。だが、そうした取り組みが企業の成長につながったという事例はあまりみられない。結局は各企業の本気度次第ということだろう。

富士ゼロックスとエイスのプロジェクトはオープンイノベーションの模範となれるのか。成否はまさに、これからの取り組みにかかっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT