実は失礼!誤解を招く英語の「人物描写」

「あなたは世間知らずの小娘」?!

Okay. By the way, aren’t I smart too? (そうですか。ちなみに、私も頭はよくないですか?)とふざけて聞くと、No, you are not smart! (いやあ、先生は頭よくないでしょう!)とのこと。あれー? やっぱりサブロウさんに嫌われてます? 全否定しなくても……。

知らぬが仏

口も頭も悪いって、最悪な先生。そんな印象ですか……と内心ショックを受けていたら、サブロウさん筆者をじろじろと見て、少し考えてから言いました。

You are not smart. You are middle fat.

どうやらサブロウさん、smartを日本語のスマート(痩せている)という意味で使っていた様子。You are middle fat.というのは「中肉」と言いたかったのでしょう。つまり、「痩せてはないね。中肉だね」と言ったのです! 「頭が悪い」と言われたのでなくてよかった。まぁ、middle fatも微妙ですけどね(笑)

日本語のスマートは「ほっそりとしている」とか「洗練されている」という意味がありますが、英語のsmartは「頭がよい」という意味です。英語でも「洗練されている」という意味がないわけではないのですが、現在ではその意味で使われることはあまりありませんので、smartと言えば通常「頭がよい」という意味だと覚えておいてください。

サブロウさんが、日本語のスマートのつもりで英語のsmartを使ったとすると、John is smartというのは、「ジョン先生は頭がよい」ではなくて、「ジョン先生は細い」という意味! 確かにすらっとしてます。でも、これは、ジョンには内緒にしておきましょう。あんなに喜んでいましたからね。Ignorance is bliss!(知らぬが仏!)

では、スマート(ほっそりしている)というのは、英語では何と言えばよいでしょう。単に「痩せている」というのであれば、一般的にはthinという単語を使います。痩せていることを褒めたいならslimを使うとよいでしょう。痩せていて美しいというニュアンスになります。

逆にskinnyを使うと、ネガティブなニュアンスがあり、痩せていて醜いという感じがします。leanという単語もありますが、これは「贅肉がなく痩せている」という意味で、健康的なニュアンスが加わります。

また、サブロウさんが言いたかった「中肉」ですが、You are average-built.と言うのが1番しっくりくるでしょう。

サブロウさんの英語を正しく直すと、

John is slim and kind. (ジョン先生は、細身で、優しいです)
You are not thin. You are average-built. (先生は細くはないね。中肉でしょ)

となります。でも、サブロウさんの言ったmiddle fatって、もしかして「中年太り」と言いたかった……? いや、「中肉」のはず!サブロウさんの思う「中肉」と筆者の思う「中肉」は、きっと同じ!

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT