「肉食採用」に大胆転換、地方企業の胸の内

脱ハローワーク・リクナビ依存で何が変わる

Uターン、Iターン者を獲得したい地方企業が、大胆に動き出しています(写真:ムー / PIXTA)

「手間をかけてでも、本気で採用力を強化したい」。そんなことを真剣に考える企業が、地方にどんどん増えている。

2月中旬、鹿児島市内にて地元企業8社が新しい人材採用企画をプレゼンした。「かごしま採用革新プロジェクト」の活動の一貫で、冒頭のような採用力強化を考える経営者や採用担当者が集まり、昨年10月から5回に渡るワークショップを重ね、各社の案を練り上げてきたものだ。

今、働き盛りの世代で地方への移住を考える人が増えている。地方への移住希望者と地方自治体のマッチングを行うNPO法人・ふるさと回帰支援センターによると、昨年は特に20代、30代からのUターンに関する相談が増加したそうだ。

17人中14人が内定辞退…ほとんど選考の余地なし

この連載の過去記事はこちら

「採用革新プロジェクト」参加者の中にも、UターンやIターンで鹿児島に移り、いきいきと暮らし、働いている様子が伺える人たちがたくさんいた。

一方で、鹿児島の高校卒業者の県外就職率は、2014年に42.9%で全国1位。鹿児島といえば、西郷隆盛や大久保利通に始まり、最近では京セラ創業者の稲盛和夫や、バスケットボール漫画『SLAM DUNK』の作者・井上雄彦など、あらゆる分野における人材排出県である。教育熱心な土地柄でも知られるが、優秀な人材は県外に出ていく傾向があるようだ。

そんな中、地元の中小企業はなかなか欲しい人材を獲得できずにいる。プレゼン中、「今年の新卒採用では、17人に内定を出して14人が内定辞退。本当に悔しかった」と語る担当者もいた。聞けば、この会社ではハローワークや大学に求人票を出して応募者を待つというのが、これまでの採用方法だった。

新卒者は大学から紹介のあった学生の9割に内定を出すというような状況で、ほとんど選考の余地がない。紹介される学生側も「ぜひこの会社で働きたい」という思い入れがあるわけではないから、ほかに条件のいい就職先が見つかれば、あっという間に辞退されてしまうのだ。

次ページまずは「キャラ設定」を明確化する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT