新聞社は「ソニーの失敗」を笑っていられない

「サイロ化」が成功した組織を蝕んでいく

ジリアン・テットさんは東京支局長を務めていたこともあり、流ちょうな日本語も話す

――なるほど。本当はもうiPadを殺したほうがいいかもしれないですね。

iPadより、iPodでしょうね。iPodはもう古いですね。どんな製品も必ずなくなる時期が来ますが、自分で作ったものを自分で殺すことはなかなかできない。実は、メディアだってそうだと思います。

――伝統部門が抵抗するわけですね。

サイロは権力構造によって引き起こされることが多々ある。過去ばっかり振り返っている人は、どうしてもサイロに陥りやすいのです。

――要するに部門を固定することによる問題ですね。人を動かしたり、組織を変えたりすることで防げる問題が多そうです。

メディア企業はソニーのことを笑えない

私自身のキャリアを例に挙げると2004年から2009年にかけてクレジット市場など市場全体のことを取材している素晴らしいチームがありました。ちょうどそのときに金融危機が起きたため、私たちはチームとして非常に良い形で取材をできました。ただ、このチームが今も通じるわけではありません。世界は日々変化している。金融を今は市場、銀行、証券という具合に分けてきましたが、実はそんな分け方は古くなっている。こういうことを常に考えなければいけないのです。今となっては金融とテクノロジーについて、分けて書くことも間違っていると思います。

――フィンテックですね。いま聞いて思いましたが、フィナンシャル・タイムズはいい位置にいますよね。テクノロジーにも強いですし。

そうかもしれませんが、自己満足している場合ではないと思っています。もっと改善して、もっといろいろなことを学んでいかないとダメです。私はニューヨークに住んでいるので、市場がいかに急速に変わるのか、そして人々がどれだけ競争好きであるかを知っています。とてもではないですが、サイロにこもっているような余裕はないです。

――ソニーの失敗は、他人事ではないですね。

教訓を学ばないと、大変なことになると思います。


 (撮影:尾形文繁)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。