道交法の改正も追い風、「電チャリ」時代が幕開け


 モーターの力で楽々進む--。そんな電動アシスト自転車の販売が好調だ。2008年の国内出荷台数は前年比12%増の31.5万台(自転車産業振興協会調べ)。同年30万台を割り込んだ原動機付自転車をすでに抜いた。09年以降も前年同月比10%以上の拡大が続く。

背景には、健康意識の高まりに加えて規制緩和の追い風がある。利用者の要望もあって08年末に道路交通法が改正され、人力対電動アシストの比率が最大1対1から最大1対2に変わり、より少ない力での走行が可能となった。

これを受けてメーカーは新製品を続々投入。国内シェア首位のパナソニックサイクルテックは規制対応の2ブランドを発売した。「デザインを意識し手薄だった若年層を取り込む」(企画部・三宅徹氏)。同市場のパイオニアだったヤマハ発動機も、主婦向けの幼児2人乗り用電動自転車を発売し首位奪還をうかがう。一方、後発で巻き返しを図るのが三洋電機。今年から自社ブランドを「エネループバイク」に統一。下り坂走行時の充電機能を標準装
備するなど「製品力で差別化する」(サイクル商品企画部・植村茂弘氏)。

課題は10万円前後という価格の高さ。今後メーカー同士の競争が進めば、価格も下がり、2輪車の総販売台数(08年52万台)を上回る日が来るかもしれない。

(西澤佑介 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT