「ミスター・ポジティブ」のすごい口ぐせ

つねにうまくいく人はこう「言い換える」

たとえば電車に乗るとき「通勤の電車に乗る時は、こういうマインド」、と大体決まっていませんか。「会社か。ダルいな」「眠いな」「間に合うかな」などなど。そんなとき、「言葉」を変換するだけで、すでに持っているものが、ベストに変わる。具体的に見て行きましょう。

理想と現実のギャップ――「どうせ自分なんて…」

すぐにできるネガポジ変換をお教えします(写真:山田勉/アフロ)

「どうせ自分なんて」とネガティブな言葉が口をついて出てしまう人は、言い換えると「理想が高い人」ともいえます。「どうせ私はダメなんだ」と言ってはいるものの、内心では「私はもっとできるはず」という思いも強いのです。

すぐにできるネガポジ変換をお教えしましょう。ネガティブな気持ちが離れなくなったときに、こんな「マジックワード」を使うのです。

1つめが「オカゲデ〜デキル」。

たとえば、理想のイケメンではない旦那さんと結婚しているなら、こうです。

旦那のオカゲデ、緊張しないで、リラックスして過ごすことがデキル

 仕事で結果が出なかったときは、

うまくいかなかったオカゲデ、まだまだ仕事を探求デキル

あなたが認識している「現実」は、あなたが目の前の出来事を「どうとらえているか?」というだけ。水が半分入ったコップを見て「半分しかない」ととらえるか、「まだ半分もある!」ととらえるか。ネガティブにとらえがちな状況であっても、「オカゲデ〜デキル」を使えば、「ダメ出し」ばかりのあら探し思考から脱出できるのです。

次のマジックワードは、「ダカラコソデキルコト」。

今日雨ですね……(ダカラコソデキルコト)」

不景気ですよね……(ダカラコソデキルコト)」

最近売り上げが伸びてないんですよね……(ダカラコソデキルコト)」

言葉にした瞬間、すでに前向きになっている

何があっても、「ダカラコソデキルコト」をつけていれば、暗い話題なのに、前向きになれます。顔つきだって変わってくる。

人間は、深く考えているようで、実際はあまり考えていません。言葉に対応した感情をセットで思い出しているだけなのです。言葉を入力して、脳の検索エンジンにひっかかった感情を出しているだけ。ならば、それを利用すればいい。

「雨ダカラコソデキルコト」と言葉にした瞬間に、すでに前向きなことを考えていませんか? 上手に言葉をあやつれば、脳は勝手に前向きになるのです。

次ページ周囲の幸福度も上げてくれるマジックワード
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT