ついにビールのプライベートブランド登場、サントリーの大胆不敵


競合他社は冷静

一方、サントリーの”先走り”行為には、業界競合から「両刃の剣になりかねない」との声も上がっている。

ビールは従来、メーカーや銘柄で選ぶ消費者が多く、第3のビールでも、各社は莫大な費用をかけてブランド育成に取り組む。そこへ安価な商品が出回れば、既存品が食われ、メーカー品の地位が低下しかねない。ただでさえ消費者が第3のビールに流れる中、価格破壊が起こればビール市場は一段と縮小する。

キリンビールの松沢幸一社長は「店頭価格でそこまで大きく変わるわけではない。影響は限定的」と冷静に構える。「価格で流れる人は流れるかもしれないが、品質や味覚、ブランドがきちんとしていればメーカー品の優位性は変わらない」(同)。

ただし「消費者からビールのPBへの要望は多かった」(イオン)と低価格志向の流れは止まらない。ビール需要の最盛期に登場する激安品。サントリーが仕掛けたPBは、新たな競争の引き金となりそうだ。
(倉沢美左 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

関連記事
ビール商戦に大異変! 泡立つ“家飲み”需要

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。