ついにビールのプライベートブランド登場、サントリーの大胆不敵

拡大
縮小


競合他社は冷静

一方、サントリーの”先走り”行為には、業界競合から「両刃の剣になりかねない」との声も上がっている。

ビールは従来、メーカーや銘柄で選ぶ消費者が多く、第3のビールでも、各社は莫大な費用をかけてブランド育成に取り組む。そこへ安価な商品が出回れば、既存品が食われ、メーカー品の地位が低下しかねない。ただでさえ消費者が第3のビールに流れる中、価格破壊が起こればビール市場は一段と縮小する。

キリンビールの松沢幸一社長は「店頭価格でそこまで大きく変わるわけではない。影響は限定的」と冷静に構える。「価格で流れる人は流れるかもしれないが、品質や味覚、ブランドがきちんとしていればメーカー品の優位性は変わらない」(同)。

ただし「消費者からビールのPBへの要望は多かった」(イオン)と低価格志向の流れは止まらない。ビール需要の最盛期に登場する激安品。サントリーが仕掛けたPBは、新たな競争の引き金となりそうだ。
(倉沢美左 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

関連記事
ビール商戦に大異変! 泡立つ“家飲み”需要

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT