ついにビールのプライベートブランド登場、サントリーの大胆不敵

ついにビールのプライベートブランド登場、サントリーの大胆不敵

缶ジュースよりも安い”缶ビール”が現れた。 サントリー酒類は7月下旬から、イオンとセブン&アイ・ホールディングスのPB(プライベートブランド)向けに第3のビールを供給する。価格はイオンの「トップバリュ 麦の薫り」が350ミリリットル缶で100円、セブンの「ザ・ブリュー ノドごしスッキリ」も同6缶パックで600円と、メーカー品の店頭価格より1~2割安い。

これまで自社ブランドにこだわり、他社と棚を奪い合ってきたビール会社がPBと手を組んだ衝撃は大きい。過去にもメーカーは一部量販店専用の限定品を出してきたが、小売りのPB名を冠した商品を出すのはサントリーが初めてだ。「ビールは嗜好性が高い」(セブン)として、PBとしては異例の”Wネーム”を前面に打ち出す。

サントリーは「(PB供給は)限定品などを共同開発してきた延長線上」とするが、その効果は小さくない。

ビールの総需要が縮む中、第3のビールの売り上げは猛烈な勢いで伸びており、シェア争いの主戦場となっている。今回、イオンとセブンの販売目標は合計で年間200万ケース弱(大瓶換算)とサントリーの前期出荷量の約7%に上る。自社商品の場合、販売促進比をつぎ込み、売り場スペースを確保する必要があるが、PBならば労せず一定の出荷量を「上乗せ」できる。

サントリーは昨年、万年4位からサッポロを抜き3位に浮上した。ただ、その差はわずかなだけに、短期的には今回のPB供給が追い風になることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。