新米ママパニック!「母性」と「離乳食」信仰

吉田戦車×伊藤理佐夫婦の「産後対談」(2)

対談2回目は、母性と離乳食の問題についてです
2010年1月に女の子を出産した漫画家の伊藤理佐さんと、ご主人の吉田戦車さん。出産当時、伊藤さんは40歳、吉田さんは47歳でした。漫画家夫婦の仕事と育児のバランスや役割分担はどうしているのでしょうか? お互いの価値観の違いや、その折り合いの付け方についても語っていただきました。

前回記事:吉田戦車氏が、妻から「最高評価」を得たワケ

母性のせいで仕事復帰できない!?

当記事は赤すぐnetみんなの体験記(運営:リクルート)の提供記事です

吉田:産後、仕事はどのくらい休んでたんだっけ?

伊藤:『週刊文春』で連載している「女の窓」を、吉田さんに産後3週間だけ代わりにやってもらったんだよね。タイトルも、「男の窓」にしてもらって。その他の仕事は、産んで3ヶ月で戻ってきますって言って休んでたんだけど復帰できなくて、産休を半年のばしてもらっちゃった。

吉田:保育園にも申し込んでだのに、断ってね。

伊藤:4月から保育園に入れようと思ってたんだけど、入園の通知が来たとき娘はまだ3ヶ月。「こんなにちっちゃい子を預けられないよ〜」と思って断っちゃいました。仕事を休んだのが本当にはじめてで、サボり心も出てきていたから、仕事に復帰できない理由を母性のせいにして、さらに半年間、赤子とべったり暮らしました。

吉田:二人とも、仕事は子どもが生まれる前と同じペースで続けるつもりだったから、ベビーシッターさんを紹介してもらって。

次ページ同じ屋根の下での仕事は気を使う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。