新米ママパニック!「母性」と「離乳食」信仰

吉田戦車×伊藤理佐夫婦の「産後対談」(2)

伊藤:そうそう、同業者の西原理恵子さんのお子さんのシッターやってた方で、漫画家の不規則な仕事のこともよく理解しているから、すごい助かるよね。それからずっと、今もお世話になってる。

やっぱり気を使う!漫画家夫婦の共存事情

漫画家夫婦もタイヘンです

吉田:ベビーシッターさんがいなかった頃は、そっちは母乳あげて俺は風呂に入れてっていう感じで、いろいろ分担してやってたよね。だからか、娘が生後半年過ぎた頃、「二人でたまには実家に帰ってくれよ」という気分になったことがあった。

伊藤:すごい帰れオーラが出てたから、「あ、はい、帰ります」って。1週間ぐらい長野の実家に帰ったら、それはそれで楽しかったけど。

吉田:そのときは、少し楽させてもらいました。さびしかったけどね。久しぶりのひとりぼっちだ!って、開放感に浸ってた。

伊藤:すごく嬉しかったみたいで、「長野で仕事すれば」って、仕事用のパソコンまで買ってくれて。そこまでの勢いなのか!とか思いながら、「買って、買って!」ってお願いしたけど。

伊藤:やっぱり、同じ屋根の下で仕事してるとお互い気をつかうよね。台所で音がしたら、「あ、いまお茶飲んでるな? じゃあ後にするか」ってなるし。

吉田:さすがに3食一緒に食うと煮詰まるから、お昼は基本俺が外で食べるようにしてます。台所で何か作ってて見られるとイヤなんで、自分の部屋のカセットコンロでインスタントラーメンつくって食べたりすることも。

伊藤:かと思うと、ヘルシーな料理をつくるのも好きだよね。

吉田:そうやってバランスとってるからね。産後1ヶ月は、俺の好きなように台所を使ってたのに、そっちも主婦の意地で料理をしはじめて、「新居の台所は私のものよ」って主張しだしたから、寂しかった。あと楽だからって、食材お宅配サービスも利用しはじめたのも実はちょっと不満で。スーパー好きの俺が買い物して何かつくるっていう流れが、乱されてきたんだよね。

伊藤:えー、今までなんで宅配にしなかったんだろ?って私は思ったけど。すごく楽だから。

吉田:言ってくれれば、俺が買ってくるのに。

伊藤:いや〜、言えないって。仕事してるとき、「ネギ買ってきて」とか言えないよ? すごい怒ると思うよ。

次ページ母乳VS離乳食戦争が勃発!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT