経済危機で負担感増--授業料だけじゃない!私立にかかる本当のおカネ《本当に強い中高一貫校》


 「教材費や空調費、文化事業費……。引き落とし通知の手紙が、毎月のように来る。正直、ここまでおカネがかかると思わなかった」

神奈川県の有名私立中学校に息子を通わせる主婦のAさんはそう嘆く。「夫の安月給では賄えない。実家が近いので、週1回は帰って、お小遣いをせびっています」。

「学費」は私立中学選びの重要なポイント。保護者の多くは入学前にある程度調べているはず。しかし、入学後に想定外の費用がかかり愕然とするケースは、冒頭で紹介したAさんに限らず、少なくないようだ。

最近は学費を学校説明会やホームページで開示する学校が増えてきたものの、すべての費用の金額を明示している学校はまだ少ない。

私立の中高一貫校に入ると、本当はどれだけおカネがかかるのか。

6年間の合計で見ると公立との差400万円

私立の学費を知るうえで参考になるのが文部科学省の「子どもの学習費調査」(最新は2006年度、下図参照)だ。同調査によれば、私立中学の年間平均の学習費総額は、学校教育費(授業料・教材費・通学費・制服・寄付金など広義の学費)、学校給食費、学校外活動費(学習塾・家庭教師・習い事など学校外で必要な教育費)の合計で126万円。中学3年間なら380万円に上る。

同じように私立の中高一貫校では中・高の6年間で694万円。小学校も私立のケースでは小・中・高の12年間合計で実に1518万円に膨らむ。小・中・高とも公立の場合(計498万円)に比べ、中学から私立だと396万円、小学校から私立だと1020万円もの差がつく。

もっともこの数値はあくまで平均値。学費は学校ごとに大きく異なるのが実情だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT