経済危機で負担感増--授業料だけじゃない!私立にかかる本当のおカネ《本当に強い中高一貫校》


 「教材費や空調費、文化事業費……。引き落とし通知の手紙が、毎月のように来る。正直、ここまでおカネがかかると思わなかった」

神奈川県の有名私立中学校に息子を通わせる主婦のAさんはそう嘆く。「夫の安月給では賄えない。実家が近いので、週1回は帰って、お小遣いをせびっています」。

「学費」は私立中学選びの重要なポイント。保護者の多くは入学前にある程度調べているはず。しかし、入学後に想定外の費用がかかり愕然とするケースは、冒頭で紹介したAさんに限らず、少なくないようだ。

最近は学費を学校説明会やホームページで開示する学校が増えてきたものの、すべての費用の金額を明示している学校はまだ少ない。

私立の中高一貫校に入ると、本当はどれだけおカネがかかるのか。

6年間の合計で見ると公立との差400万円

私立の学費を知るうえで参考になるのが文部科学省の「子どもの学習費調査」(最新は2006年度、下図参照)だ。同調査によれば、私立中学の年間平均の学習費総額は、学校教育費(授業料・教材費・通学費・制服・寄付金など広義の学費)、学校給食費、学校外活動費(学習塾・家庭教師・習い事など学校外で必要な教育費)の合計で126万円。中学3年間なら380万円に上る。

同じように私立の中高一貫校では中・高の6年間で694万円。小学校も私立のケースでは小・中・高の12年間合計で実に1518万円に膨らむ。小・中・高とも公立の場合(計498万円)に比べ、中学から私立だと396万円、小学校から私立だと1020万円もの差がつく。

もっともこの数値はあくまで平均値。学費は学校ごとに大きく異なるのが実情だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT