米国土安全保障省とFBIがハッキングの被害

職員の個人データが大量流出

 2月8日、米国土安全保障省と司法省は、両省に所属する職員の個人情報がハッキングにより大量にオンライン上に出回ったことについての捜査を行っていると明らかにした。写真は司法省の管轄下のFBI本部。ワシントンで2012年撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国土安全保障省(DHS)と司法省は8日、両省に所属する職員の個人情報がハッキングにより大量にオンライン上に出回ったことについての捜査を行っていると明らかにした。

ITウェブサイトのマザーボードによると、匿名のハッカーが7日に、DHSの職員9000人、司法省の管轄下にある連邦捜査局(FBI)職員2万人の名前、職位、電子メールアドレス、電話番号を含むデータベースにアクセスしたという。

軍事活動を監視する米民間情報機関SITEインテリジェンス・グループも8日、パレスチナを支持するツイッターに7日、9352人のDHS職員の職位や所属、電話・ファックス番号など詳細情報が含まれたデータのリンクが貼られていたことを確認している。

SITEによると、今回のハッキングは、以前、ブレナン中央情報局(CIA)長官やジュリアーノFBI長官補、マイアミ警察などのデータを盗み出したグループの手法に酷似しているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT