配当と優待でオトクな実質利回りランキング

トップ企業は、なんと40%!

株主優待の内容は多彩だ。右上はサンワカンパニーの株主優待券、中央は丸三証券ののり詰め合せ、左下はアビストの自社子会社製水素水

上場企業の多くを占める2月期・3月期決算企業の期末が近づき、「株主優待」が注目される時期がやってきた。

各社は投資家を引き付けるため、または自社の商品やサービスの宣伝も兼ねて買物券や割引券などの優待を設定。権利確定日に株式を保有していると、配当や株主優待を受け取ることができる。今年の権利確定日は、原則として2月期決算企業は2月24日、3月期決算企業は3月28日となっている。

そこで今回は、配当を出し、かつ株主優待制度を設けている銘柄の中から、二つを合計した実質利回りの高い順にランキングを作成した。買物券を使える店が近くにあったり、サービスを普段から利用していたりする場合などは、優待を有効に活用するとお得だ。

首位はベスト電器

首位のベスト電器は、配当利回りは1%にも満たないが、優待利回りが40%もある。九州地盤の家電量販店で、一時は全国展開を志したものの、業績が悪化。2012年からヤマダ電機の傘下に入り、地盤回帰している。

2位のジャパンベストレスキューシステムは、鍵、ガラス、水回りなどのトラブル解決事業を手掛ける。優待は、キッザニア(東京、甲子園)のスポンサーイベントデーの招待券となっている。

4位のOak キャピタルは、上場企業への投資事業が主体。実質利回りは高いが、業績が不安定で株価の変動が激しい点には留意しておきたい。

8位のラウンドワンは、配当利回りだけを見ても3%超と高い。ボウリング、ゲームなど複合レジャー施設を全国で展開。優待では施設利用時の割引券がもらえる。

次ページ赤字が続いているワタミも上位に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。