配当と優待でオトクな実質利回りランキング

トップ企業は、なんと40%!

22位のシダックスは、給食・食堂運営受託の大手で、カラオケ店でも首位級。優待はカラオケの割引券だ。配当利回りも3%弱ある。

26位は、赤字が続いているワタミ。優待の飲食券は利回り換算で約7%とお得だが、業績回復の見通しは立っていない。株価が下げ止まらなければ、優待を活用してもトータルでは損になってしまう可能性がある。

33位の丸三証券は、配当利回りだけで6%を超える見込み。会社は期末配当を未定としているが、前期と同様に特別配当込みで高配当になる公算が大きい。

株主優待込みの実質利回りランキング上位70社はこちらをご覧ください。

(週刊東洋経済2016年2月6日号「投資の視点」から転載)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。