初公開!「設備投資額が大きい」トップ500社

1位NTTは1.8兆円、「オールド」企業の影響力

NTTグループの設備投資額を合算すると、トヨタ自動車や日立製作所をも上回る(撮影:今井 康一)

安倍政権が大手を中心として企業に促しているのが、賃上げと設備投資。おカネの回りを良くすることで、日本経済を活性化させるのが狙いだ。

このうち改めて設備投資とは、建物や機械設備などの有形固定資産に資金を投じることで、企業が行う民間投資と国や地方公共団体が主体となる公共投資がある。設備投資額が大きい会社は、それだけ社会に与える影響が大きいということになる。

東洋経済オンラインは上場企業の直近本決算における設備投資額を調べ、トップ500社をランキングにした。東洋経済オンラインとしては初めて集計したデータとなる。

小社刊の『会社四季報』(2016年新春号が発売中)で集計したデータのほか、各社の財務諸表から現預金、有利子負債、利益剰余金も併載した。どんな会社が積極的に設備投資をしているのか、財務状況などと併せてご覧いただけるはずだ。

ドコモを抱えるNTTの投資額は日本一

1位は日本電信電話(NTT)。言わずと知れた国内通信のガリバーで、地域電話を独占。携帯電話、光回線で高いシェアを持っている。子会社のNTTドコモは携帯電話首位で、そのドコモ分(6位・6618億円)も含まれた連結ベースでの直近本決算における設備投資額は1兆8175億円に及んだ。

『会社四季報』2016年新春号では、全上場企業の財務・業績など基本データのほか平均年収、平均年齢なども掲載。画像をクリックすると、アマゾンの販売サイトにジャンプします

2位はソフトバンクグループ。日米の携帯電話事業を核にインターネットへ展開しており、ヤフーやスーパーセルなどを傘下に抱える。直近本決算における設備投資額は1兆3548億円だった。

3位はトヨタ自動車で1兆1774億円、4位は国際石油開発帝石(9570億円)、5位には日立製作所(6618億円)が続く。通信会社や電力会社、世界中に巨大な工場を構える製造業や店舗をたくさん持っている流通系企業など、いわゆる大手の「オールドカンパニー」が上位に並んでおり、こうした企業の日本経済に対する影響力の大きさが伺える。

財務状況のほか、企業が生み出した利益を積み立て、会社内部に蓄積されている利益剰余金との関係に着目するのも興味深い。 

次ページまずはトップ50社!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT