(第39回)<森下洋子さん・後編>バレエへの思いはゆるぎなく、変わらない

(第39回)<森下洋子さん・後編>バレエへの思いはゆるぎなく、変わらない

●最近の子どもたちについて

 今の子どもたちは、お友達と遊ぶのも、まずお約束をしてからのようですね。ギリギリの時間単位でいろんなことをして忙しくしているようですし、危ないからといってどこへ行くにも必ず親が迎えに行かなければならないとか、私たちの頃はそんなことはありませんでしたね。
 最近の子どもたちをみていると、自立して言葉を発することが苦手なように思います。コミュニケーションの手段がメールだったりして、「ありがとう」とか「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」と、言葉を発することが少ない。
 松山バレエ団では、「先生に会ったらきちんとご挨拶するのよ、言葉に出してするのよ」と何よりも挨拶がきちんとできるように指導しています。踊りの稽古をするよりも、まずはきちんと言葉を発して挨拶することに重きを置いています。

 これは大人が努力しなくてはならないことでもあります。子どもが挨拶をしたら一人一人にきちんと返してあげなくてはいけません。うちのバレエ学校ではまずは挨拶、そして次はニコニコと笑顔。舞台に出るのでも何でもニコニコとね。子どもが喜んでニコニコしていたら、嬉しいじゃないですか。
 やっぱりそういうことが人間にとって一番必要だと思うのです。あとは感謝の気持ち。「ありがとう」を、親も言わなくちゃいけないと思うのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。