(第39回)<森下洋子さん・後編>バレエへの思いはゆるぎなく、変わらない

(第39回)<森下洋子さん・後編>バレエへの思いはゆるぎなく、変わらない

●最近の子どもたちについて

 今の子どもたちは、お友達と遊ぶのも、まずお約束をしてからのようですね。ギリギリの時間単位でいろんなことをして忙しくしているようですし、危ないからといってどこへ行くにも必ず親が迎えに行かなければならないとか、私たちの頃はそんなことはありませんでしたね。
 最近の子どもたちをみていると、自立して言葉を発することが苦手なように思います。コミュニケーションの手段がメールだったりして、「ありがとう」とか「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」と、言葉を発することが少ない。
 松山バレエ団では、「先生に会ったらきちんとご挨拶するのよ、言葉に出してするのよ」と何よりも挨拶がきちんとできるように指導しています。踊りの稽古をするよりも、まずはきちんと言葉を発して挨拶することに重きを置いています。

 これは大人が努力しなくてはならないことでもあります。子どもが挨拶をしたら一人一人にきちんと返してあげなくてはいけません。うちのバレエ学校ではまずは挨拶、そして次はニコニコと笑顔。舞台に出るのでも何でもニコニコとね。子どもが喜んでニコニコしていたら、嬉しいじゃないですか。
 やっぱりそういうことが人間にとって一番必要だと思うのです。あとは感謝の気持ち。「ありがとう」を、親も言わなくちゃいけないと思うのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。