寺も僧侶も仏教も、イノベーションが必要だ

「僧侶の学ぶ場」を作った若きリーダーの挑戦

昨今のお寺ブームは、まさに現代の仏教に対してのまなざしである。今こそ、僧侶たちはすでに手元にあるダイヤモンドを磨き、光らせる時。だからこそ、お寺や僧侶のあり方が重要だという。

「講演会でお話をさせていただくことも大切ですが、講演の後に『ちょっとお話ししたいのですが』といわれて話す“対話”はもっと大切だと思っています。釈尊の対機説法、つまり相手に応じ、相応しい手段で説法をすることですね。現代人が精神的なものを耕そうとしていくときに、過去からの膨大な体系がある仏教は現代人の知性に合っていて、フィット感が高いのだと思います」

横につないでいくアメーバのような存在

短期的な課題は「お寺をどうするか」であるが、今後見るべきはお寺の変化ではなく人間の変化だという。

「一昔前のSF世界が、今後どんどん実現されていくでしょう。色々なテクノロジーの力を借りて、人間のあり方も変わっていく時代に来ていると思います。やがては『人間とは何か』という問いがきっと出てくる。現時点でお寺が担っている『死者の記憶とつながる場』、つまりお墓や法事、亡き方に気持ちを向けることなどは、変容してしまう可能性もあります。

AI技術が進み、故人の生前のデータを取りこんで人工知能が学習すれば、故人と近いコミュニケーションができるようになるかもしれません。そうなると、死者と向き合うことの概念も変わり、お寺と僧侶が担うことも変わるでしょう。“三回忌以降、法事を勤めない人が増えてきた”などというレベルの問題をはるかに超えた、大きな変化の波がやってきます。

お寺が淘汰されていくのは間違いありません。しかし、仏法の根本、自然(じねん)の理は変わりません。だからこそ、お寺も僧侶も仏教も時代に合わせてトランスフォーム(変換)する必要がある。私が業界を変えるわけではありません。時代が明らかに変わっていくことを認識しながら、ご縁を作っていく縁結びのような役割だと思います。この業界には、横につないでいくアメーバのような人がいなかったのかもしれません」

お寺を取り巻く危機感が生まれつつあるこの時代に登場した、ひとりの僧侶。人は「これでいいじゃん」と思う時には動かないが、今は絶好のタイミング。アメーバ僧侶が今ほど必要とされているときはない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT