寺も僧侶も仏教も、イノベーションが必要だ

「僧侶の学ぶ場」を作った若きリーダーの挑戦

仏教が好きでお寺に就職したという松本紹圭氏。世界経済フォーラムでヤング・グローバル・リーダーにも選出された若き僧侶は「仏教」に高い可能性を見い出している(神谷町光明寺のオープンンテラス)
お寺や仏教に興味を抱き、検索を始めると、あるいは業界関係者に話を伺うと、かなりの確率で登場する僧侶がいる。浄土真宗本願寺派光明寺の僧侶、松本紹圭さんである。東京大学で西洋哲学を学び、インドのビジネススクールでMBAを取得し、世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーにも選出された36歳の僧侶。彼はお寺業界をどう変えていくのか。

お寺や仏教は「ダイヤの原石」

松本紹圭さんの実家はお寺ではない。つまり、継ぐべきお寺があったわけではない。仏教が好きでお寺に「就職」をした、お坊さん業界の中では少数派の僧侶だ。

僧侶になって13年。元々ITリテラシーが高く、宗派を超えたインターネット寺院『彼岸寺』を始めた。そして、都心にあるお寺の存在価値とは何かを問い、神谷町にあるお寺の中にカフェという「場」を作った。多くのエポックメーキングな事業を行ってきたが、日々の活動の中で、あることに気が付いた。

「宗教者に対する宗教リテラシー教育の必要性」である。最も大きな取り組みは「未来の住職塾」を立ち上げたことだろう。教義の解釈ではなく、お坊さんが「お寺のあり方」を学ぶ場づくりだ。

「なぜお坊さんになったのですか、とよく聞かれますが、私はお寺や仏教を『ダイヤの原石』だと思っていたんです。もっと磨けばものすごいものになる、“ここには本当のことがありそうだ”という予感ですね。だからお坊さんになりました。継ぐべきお寺がないというのは、身軽な立場であるのは間違いありません。

次ページ作ったのは僧侶版ビジネススクール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT