高血圧と人類、その長い戦いに訪れた「転機」

人と病の100年、治療・創薬はどう変わった?

そして、最も新しいタイプの降圧薬が、血管を収縮させて血圧を上げるアンジオテンシンⅡという物質の働きを阻害するARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)である。

世界で初めてのARBの候補物質は、1981年に武田薬品によって合成された。しかし、ヒトで十分な降圧効果が得られず、同社は開発を断念している。ところが、米国デュポンが、武田の特許を巧みに避けながらこれを改良したロサルタン(ニューロタン®)を合成し、世界初のARBとしてメルクから発売された。

百花繚乱の中、武田が巻き返しに放った薬

著者の最新刊。書影をクリックすると、アマゾンページにジャンプします

だが、武田薬品はあきらめなかった。その後巻き返して、ブロプレス®(カンデサルタンシレキセチル)を世に出し、ARBでは国内トップ、同社で史上最大のヒット商品に育てた。さらに特許切れも見越し、執念でより強力なアジルバ®(アジルサルタン)の創製に漕ぎ着けている。2012年に発売されたアジルバ(AZILVA)の名は“Azilsartan is the most valuable ARB”に由来するという。

高血圧人口は、世界では10億人を超えている。降圧薬市場も巨大なことから、群雄割拠、百花繚乱である。ARBは腎臓や心臓を保護する作用を持ち、降圧効果も高いとされるが、高価な薬でもある。降圧効果だけでは他社ARBと差別化できず、ディオバン®(バルサルタン)やブロプレス®の論文不正問題は、それ以外の効果(脳卒中や心筋梗塞の予防効果)を過大に見せてウリにしようとした、過当競争の産物でもある。薬には何の罪もない。

ともあれ、個人の症状により効き方にも副作用にも差があるし、血圧だけでなく血糖が高めの人、狭心症の人、塩分を排泄すべき人など、それぞれに適した降圧薬がある。

人類は、血圧を下げる術を手に入れた。でも、薬を使いたくない人、薬をやめたい人、薬の効き目が十分でない人は、減塩を筆頭に、生活習慣の改善をもっと真剣に考えるのが、生活習慣病の本筋だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。