中国で第3世代携帯が始動、ネット商取引の巨人も本腰


山谷剛史  ライター

中国の事業者間(B2B)ネットコマースの巨人「阿里巴巴(アリババホールディングス)」。資金力やコネクションの弱い中小企業同士が連携するためのサイト「アリババドットコム」を運営する同社が、携帯電話によるB2B取引を実現する「春雷計画」を発表した。

中国各地を巡り、全土の中小企業に「春雷計画」を説明。阿里巴巴を利用するようラブコールをかけている。春雷計画の最大の柱となるのが、携帯電話対応。すなわち、どこからでも、移動中だろうと、阿里巴巴のサイトにアクセスして、商談を行えるようにする、と阿里巴巴は構想している。

携帯電話のサイトでB2Bの商談は、今までできなかったのか? といえば、できないことはなかった。しかし、迅速性を求める中国の企業のリーダー達には受け入れられないほど、中国の携帯電話のデータ通信は遅かった。中国では第2世代(2G)の携帯電話であるGSM方式の携帯電話が最も普及しているためだ。

中国の携帯電話が「遅かった」と過去形で書いたのは、ここ数カ月で中国の携帯電話環境が激変するためだ。

4月には、第3世代携帯電話(3G)の方式のひとつ「CDMA2000」方式(日本ではauが採用)利用した携帯電話サービスが開始され、5月には「W-CDMA」方式(日本ではNTTドコモ、ソフトバンクが採用)のサービスも始まる。また、ひと足早く始まった中国規格の3G方式「TD-SCDMA」もここにきて、利用可能都市を増やし広告を街中に出すなど顧客獲得に躍起だ。これにより、携帯電話のデータ通信速度は、固定ネット回線がダイアルアップからADSLの速度に変わったときほど、劇的に変化する。沿岸部の大都市を中心に3つの3Gがいずれも利用できるようになる。


(阿里巴巴による説明会)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT