中国で第3世代携帯が始動、ネット商取引の巨人も本腰



 日本と中国のモノ作りの関係が深い関係にあるのは言わずもがな。日本企業へアプローチしたい中国企業はゴマンとある。そのため、阿里巴巴は日本サイトも開設している。しかし日本向けのサイトながら、オープンして暫くの間は、中国人によるデザインなので、日本人には見にくいデザインだった。近年、阿里巴巴の大株主であり、蜜月の関係にあるソフトバンクが、阿里巴巴の日本サイトを日本人に見やすいようにリニューアル。やもすれば阿里巴巴のひとりよがりにも見えた状態からは脱却しつつある。

中国の中小企業のB2Bというと、目に見えるモノが大量に動くような印象を持つかもしれない。阿里巴巴の日本サイトを見てみればわかるが、例えば上海発着の旅行サービスや、データなど目に見えないモノやサービスの提供も中国から中国国内に向けて、ないしは中国から日本に向けて発信されている。

阿里巴巴の日本サイトでは、日本においても、やはりコネクションや資金力などで大企業に劣る中小企業をターゲットに見据える。日中双方の経営者がPCと携帯電話で阿里巴巴を活用するのが今後当たり前のご時世となる中、ソフトバンクのサポートにより阿里巴巴の日本サイトの顧客が増えれば、日中間のモノとカネのやりとりが緊密化し、モノとカネの動きが加速していくだろう。


・関連記事
超有望市場?! 中国人向けにネットでモノを売るには--日本とは全然違うネット通販の嗜好と商習慣

やまや・たけし
中国内陸部在住のIT専門ライター、中国のIT事情を中心に取材・執筆。著書に「新しい中国人 ネットで団結する若者たち(ソフトバンク新書)」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT