超有望市場?! 中国人向けにネットでモノを売るには--日本とは全然違うネット通販の嗜好と商習慣


山谷剛史  ライター

 金融危機の影響の波が、沿岸部の中国人消費者を中心にやってきた。彼らは「衝動買い」から「一歩引いて冷静に」購入するように心がけはじめている。その心がけも相まって、ネットを使いこなす10代後半から30代前半までの新しい中国人が、「より安く購入できる」と評判のオンラインショッピングを続々と利用し始めている。

中国のリサーチ会社「iReserch」が発表したレポート「中国網絡購者行業発展報告(China Online Shopping Reserch Report)」によれば、2008年のオンラインショッピングの取引総額は、07年の561億元(1元=約15円)の約2倍となる、1281億8000万元となった。

iReserchのこの先数年の予想も強気で、2010年には3869億元、2012年には7910億元まで成長すると予想している。そこまで強気でいいのかは筆者としては疑問符だが、しかし今後、巨大な市場になることは間違いないだろう。

中国のインターネットについての組織であるCNNIC(China Internet Network Information Center)によれば、2008年末の時点でインターネット利用者は2億9800万人で、そのうちの24.8%にあたる7400万人がオンラインショッピングを利用しているに過ぎない(前年同期は利用率22.1%、利用者4600万人)。

そもそもインターネットの利用者だって、全人口13億のうち、まだ3億人が利用するだけで、今後も増えることは間違いない。そうしたことから、今後数年はオンラインショッピング人口が増加、市場も拡大することとなるだろう。

そんな未来が明るそうな中国オンラインショッピング市場に、08年から日系企業も続々と参入している。中国市場に向けた日系オンラインショッピングサイトがどんどん増えている。たとえば、日本郵政(郵便事業会社)がサイト「JapaNavi」を、SBIベリトランスが「佰宜杰.com(バイジェイドットコム)」を、ニッセンが中国検索サイト大手の百度(Baidu)と提携し「百度日本の窓」をそれぞれ立ち上げている。

中国は市場が大きいだけに魅力的。だが、国が違えばまた商習慣・消費行動も大きく異なる。中国のオンラインショッピングサイトは数多くあり、その中にはamazon中国や、eBayといった世界的に著名なサイトの中国版もあるが、一番人気は、「淘宝網(TAOBAO)」だ。なんとオンラインショッピング取引額の9割以上を占め、圧倒的な地位にあるサイトだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT