激変!センター試験は「推理力」で制す時代に

「知識ゼロ」でも解ける?生物の問題を検証

さて、以上に整理した情報より抽出される中心的な命題は、遺伝子Xはくちばしの長さ、遺伝子Yは太さの制御に関係し、そしてXとYは互いに影響を及ぼさない(少なくとも本問においては)、という結論である。

種A、種Bのくちばしの形状について少し触れると、種Aではくちばしが太く変化しており、長さは変っていないため、遺伝子Yだけの発現量が変化していると考えられる。一方、種Bではくちばしが短く変化し、太さは変わっていないため、遺伝子Xだけの発現量が変化していると考えられる。

ただ、遺伝子Xはくちばしを「長くする」遺伝子であるから、種Bのケースでは遺伝子Xの発現量が減少したと考えねばならないだろう。

見られているのは問題解決力

以上の分析から選択肢で合致するのは、

③ 遺伝子Xはくちばしの太さに影響しないが、遺伝子Yはくちばしの太さに影響する。

➆ 共通祖先から種Bへのくちばしの形の進化には、遺伝子Xの発現量の変化が関わっているが、遺伝子Yの発現量の変化は関わっていない。

この2つである。

与えられた図で対照と変化を加えた実験群を、それぞれ比較・分析し推理力を駆使すれば、答えはすんなり出てしまう。前述の通り、これにはほとんど生物の知識はいらない。

だが、この問題を解くには推理力・比較力を含めた思考力が肝要であるから、その点では意味がある。こういった能力が重視される傾向は、今後ますます強まっていく可能性がある。

遭遇した出来事に対し、自力で解決していく力がどのぐらい備わっているか――。そういう根本的な部分を見る意図があるのだろう。

このほかにも、医学部入試に関する情報を小林公夫オフィシャルサイトにて紹介しております。ぜひ、併せてご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。