幸せのトレーニングで人生は変えられる!

おカネを幸せの尺度にするのは卒業しよう

前野:やってみてようやくわかりますね。幸せの因子を満たすことが幸せなのだと強く感じます。

井上:成功するから幸せになるのではなく、幸せになると成功するのだと思います。

前野:そうですね。幸せのためには、おカネを求めることに偏りすぎないことが重要なのですが、これは必ずしも清貧という意味ではありません。おカネばかりを求めなくても「幸せはほかのところにあるよ」ということなんです。おカネがファーストプライオリティではないだけですが、むしろ幸せになった結果、儲かる可能性もありますよ。

老後不安の解消とブータンの「家族」

井上広法(いのうえこうぼう) 1979年宇都宮市生まれ。浄土宗光琳寺 副住職。佛教大学で浄土学、東京学芸大学で臨床心理学を専攻。グリーフケアの観点から「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営。最近は心理学、特に「ポジティブ心理学」の知見を参考に「生きるための仏教」を模索中。テレビ朝日「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」でも活躍中(撮影:梅谷秀司)

井上:生活の維持を考えると、やはりおカネに関する不安がどうしても切り離せない。特に老後不安がおカネを目指す要因になっていますよね。

前野:ブータンは「国民総幸福量」の増加が政策となっている国ですが、彼らに「あなたが、いざという時、困った時に本当に信頼できる人は何人いますか?」というアンケートを取ったそうなのです。何人だったと思いますか? 平均50人です。

井上:50人?! 日本だったら数人かあるいは両親、奥さんだけ、なんて人もいるかもしれませんね。

前野:ブータン人は家族が多いんですよ。尋ねてみると、友達も近所の人も家族だと答えます。日本のGDPの20分の1の国でも、老後に不安なんかない。50人も助けてくれる人がいたら、安心ですよ。寺院に行くと、ガイドさんが「自分のことも祈っていいけど、世界の幸せも祈りなさいね」って言うのです。もちろん、普通の人がみんな、世界の幸せを祈っている。利他的な国ですね。幸せになる要因を満たしている。

井上:先生の本にもありましたけど、「経済力がつけば幸せになれる」ということを追い求めることから、そろそろ「本当の幸せはそこではない」ということへ交通整理したいですね。

次ページHappyとしあわせの語源とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT