失速する北海道観光で唯一好調な十勝の秘密、スイーツ王国を売り込め!《特集・日本人の旅》


 JR帯広駅を起点にワイン城、スイートピアガーデンなどを回るバス「満腹とかち号」を9月から11月までの土日、祝日に運行。札幌でキャンペーンを実施し、地下鉄車内に広告を出すなどして呼び込みを図った。これまで、女性客を中心に約640人が乗車し、バス2台で運行した日も出た。運行は来年まで2年間続ける予定だ。

2年後の11年には、道東自動車道が札幌へ通じるため、札幌からの観光客呼び込みも大きなテーマになる。十勝観光連盟は「温泉や体験型観光はどこにでもある。十勝の特性である食を観光に結び付け、情報発信力を高めたい」と意欲を燃やす。

十勝には、スイーツのほか、豚丼、ナチュラルチーズ工房、農村カフェ、ベーカリー、野菜直売所などが各地に点在する。昨年、札幌から十勝へスイーツの日帰りバスを運行した阪急交通社の担当者は、「十勝には知られざる名店がある。掘り起こせば、まだまだ出てくる」と評価する。


 十勝を含め、北海道の食材は昔から高いブランド力を誇ってきた。道庁などが主催し、全国の百貨店で開催する北海道物産展は着実に販売額を伸ばし、07年度は60億円を突破した。とりわけスイーツの伸びが著しく、全体を押し上げている。石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」、ロイズの生チョコ、カルビーの「じゃがポックル」、そして生キャラメルとヒット商品の貢献大だ。「食の安全・安心に対する関心の高まりも好調の要因」と道庁は分析する。

これまで北海道の物産と観光の接点は、主に土産品の領域にとどまってきたのが実情。道観光振興機構は「食は観光の重要なコンテンツだが、観光と直接結び付いていなかった」と指摘する。それに対し、十勝の菓子業界をはじめ、札幌や砂川に発足したスイーツ協議会、道内各地の“ご当地グルメ”開発などは、観光資源としての食を再認識し、生かしていこうという地元発の挑戦だ。観光資源とするかぎり、販売エリアを地域限定としなければならない、など新たな問題も浮上する。この追い風を逃さぬよう次の対応が待たれる。

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT