平川 克美
平川 克美(ひらかわ かつみ) Katsumi Hirakawa
隣町珈琲代表、立教大学客員教授

1950年東京都生まれ。1975年、早稲田大学理工学部機械工学科卒業。渋谷道玄坂に翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを内田樹らとともに設立、代表取締役となる。現在、隣町珈琲代表、立教大学客員教授。著書に『グローバリズムという病』『喪失の戦後史』(東洋経済新報社)、『小商いのすすめ―「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』『消費をやめる―銭湯経済のすすめ』(共にミシマ社)、『ビジネスに「戦略」なんていらない』(洋泉社新書y)、『株式会社という病』(文春文庫)、『経済成長という病』(講談社現代新書)、『移行期的混乱―経済成長神話の終わり』(ちくま文庫)、『俺に似たひと』(医学書院)などがある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。