見せかけの処方箋に騙されてはいけない

平川克美氏、新刊を語る

先進国が成長から成熟へと向かういま、株式会社は「未開地」と「階層化」を追い求め、その生き残り戦略をグローバル化に求めている。

 その中で「病」としか呼びようのない症状が広がっていると、シリコンバレーで活躍した現役経営者でもある平川克美氏はこの間指摘し続けている。

 長年の盟友である内田樹氏が「これは平川君の書き物のうちでも最良のもののひとつだと思う。僕はこの本のすべての頁に同意署名できる」と推薦する『グローバリズムという病』。執筆の背景や、グローバリズムの渦中で苦闘しているビジネスパーソンに伝えたいことを平川氏に聞いた。

グローバル標準が普遍的であるかのように

――ご自身が文筆家であるとともに、シリコンバレーやヨーロッパでもビジネスをされてきた経営者でもあります。平川さんご自身は、「グローバリズム」とは、どのように付き合われてきたのでしょうか?

何度も言っていることですが、グローバリゼーションとグローバリズムとは区別すべきです。当初はそのことが理解できずに、あたかもグローバリズムが主張する、グローバル標準が普遍的な価値であるかのように思い込んでいました。

 グローバリゼーションは文明の進展に伴って起きる自然過程ですが、グローバリズムは株式会社が利益を確保するために、世界を一つの市場にしようとする金融セクターが作り上げたイデオロギーなのです。そのイデオロギーに対してわたしは、常に違和感を抱いていました。実際に、グローバリズムのメッカのようなシリコンバレーで働いてみて、あの場所が実はとてもローカルな場所であり、地元の人間がコミュニティを大切に育てて行こうとしていることを知りました。

次ページ病んだ部分とどのように付き合っていくのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT