ドラッカーを知るには、論語を読め

安冨歩先生、新刊を語る

「東大話法」で一躍有名になった安冨歩先生。現在は、東京大学東洋文化研究所の教授として東洋文化の研究にいそしむが、元々は経済学を学び、銀行勤務という異色の経歴を持つ。そんな安冨先生は、ドラッカー、そして孔子に向き合う中で、両者の思想を対比して読むことで、どちらもより深く理解できる、ということを見出したという。
難解なドラッカーの『マネジメント』を読み解くために、論語をサブテキストに用いるという壮大なテーマに挑戦した『ドラッカーと論語』を執筆した経緯、そして2500年の時を隔てる東西の知の巨人は現代に生きる私たちに何を伝えたかったのか、安冨歩先生に聞いた。

次ページドラッカーを理解する一番の近道
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT