ドラッカーを知るには、論語を読め

安冨歩先生、新刊を語る

「東大話法」で一躍有名になった安冨歩先生。現在は、東京大学東洋文化研究所の教授として東洋文化の研究にいそしむが、元々は経済学を学び、銀行勤務という異色の経歴を持つ。そんな安冨先生は、ドラッカー、そして孔子に向き合う中で、両者の思想を対比して読むことで、どちらもより深く理解できる、ということを見出したという。
難解なドラッカーの『マネジメント』を読み解くために、論語をサブテキストに用いるという壮大なテーマに挑戦した『ドラッカーと論語』を執筆した経緯、そして2500年の時を隔てる東西の知の巨人は現代に生きる私たちに何を伝えたかったのか、安冨歩先生に聞いた。

次ページドラッカーを理解する一番の近道
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。