ドラッカーを知るには、論語を読め

安冨歩先生、新刊を語る

孔子が私たちに伝えたかったメッセージとは

―― 本の帯に書かれた「孔子がインターネットを語ったら?」というコピーがありますが、この情報化社会について、孔子は実際にどんな風に語ると考えていますか?

 孔子は社会を P2P システムとして捉えています。それに対して法家は、サーバー=クライアント関係として捉えています。インターネット出現以前は、国家機構や組織は後者に大幅に依存せざるをえませんでした。しかしインターネット時代には、P2Pが主流になります。それはつまり、論語の思想が全面化する時代だと言っても良いのです。今こそ、論語が私たちにとって大切である物質的根拠がそこにあります。

 ―― 孔子とドラッカーは、後世に生きるわれわれに、結局のところ何を一番伝えたかったのでしょうか。

 勇気を持つことです。怯えてはいけません。怯えると現実が見えなくなります。現実が見えなくなると、虚像を現実だと思い込み、虚像に対応するための努力に全力を挙げることになります。そうすると全てはうまくいきません。何もかもがうまく行かなくなると、パニックに陥ります。

 こうなると、ヒトラーのような暴力的人物に頼りたくなり、国を滅ぼします。過ちに怯えることから、全体主義がはびこるのです。しかし、過ちて改めるなら、それは過ちではありません。自分を飾らず、過ちを認めて改める勇気をもつなら、我々は如何なる問題も乗り越えることができます。これが二人の思想の根幹だと私は考えています。

 ―― 本書をどんな方に読んでいただきたいですか?

「仕方ない」と思って砂を噛むような思いで生きている全ての方に。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT