東京の街中で「タヌキ目撃」が激増している謎

飲食店の残飯を食べていたかもしれないから?

タヌキとみられる動物2匹が道路脇に並ぶ写真も(横浜市のクリーニング店、ファッションケアニック桂台店のツイートから。江東区で知人が撮影した写真という)

マンションが林立する東京・江東区にタヌキが出没し、話題になっている。区役所に寄せられた目撃情報は、今年4月から半年余りで昨年度1年間の2倍に上った。西の杉並区でもこの夏、住民からの通報が激増した。何が起きているのか。コロナ禍で飲食店が店を閉めたため、残飯を食べていたタヌキが街中に出てきた、という説もある。真偽のほどはわからない。

東京・江東区でタヌキとの遭遇が話題に

東京・江東区でタヌキが出没していることを私が知ったのは、11月1日に同区の環境イベントで、たまたま居合わせた住民から聞いた話がきっかけだった。

「10月半ばに、住んでいるマンションで張り紙が出た。防犯カメラに映ったエレベーターホールを歩いている2匹のタヌキの写真とともに、『タヌキが出入りするので、ドアを閉めます』とありました。初めて聞いた話で、もうびっくり。どうしたわけなんでしょうか」

東京西部の多摩地区などにタヌキがいる、という話は聞いたことがあったが、江東区にタヌキが出現、という話は驚きだった。江東区役所に聞いてみると、確かに目撃情報が増えていた。「タヌキは在来の野生生物で、アライグマなどの外来生物と違って調査する必要もないので、とくに集計はしていません。ただ、昨年度から目撃情報が増えてきたと感じ、件数を記録しています」(環境保全課)。

調査係の担当者によると、2019年度は5件。2020年度は、4月から11月16日までの間に10件(うち1件は、通報者がタヌキかハクビシンか見分けがつかなかった)で、「マンションの入り口に防犯カメラがあり、それに映った」(同区南砂で)、「池の近くにいた」(区内横十間川親水公園で)などの声が寄せられた。担当者は、「電話で通報してくださった方には、刺激しないように、触らないように、餌をあげないで、子どもが近づかないようにしてください、とお願いしています」と話した。

街中でタヌキを見かけたからといって区役所に通報する人は少ないだろう。今年4月から11月半ばまで10件というのは、あくまでも区に電話があった件数。実際の目撃はもっと多いはず、と思って、ツイッターを検索してみた。

次ページ南砂町や清澄白河、北砂で目撃情報
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT