高校、大学、社会人。いつプロ入りすべきか

プロ野球選手とタイミング

回り道したからこその人間的成長

高校、大学、社会人のどのタイミングでプロ入りすれば、成功する確率は高くなるのか? 個人的な意見を言えば、高卒で入団したほうが成功確率は高まると思う。毎年、春季キャンプ前の合同自主トレに参加した新人選手は、「プロの練習はキツイ」と口をそろえる。それだけ、最高峰の世界では鍛えられるということだ。

一方、大学や社会人を経るメリットとしては、プロ入りまでに環境の変化を体験できることが大きい。さまざまな人に出会い、学びの機会を得て、人間的に成長できる。吉田は大学、社会人を経験したからこそ、高校時代のケガを前向きにとらえられるようになった。自ら考えて成長できる選手なら、大学や社会人を経てのプロ入りでも決して遅くはない。

レンジャーズのダルビッシュ有やヤンキースに旅立った田中将大のように、高卒のほうが後の大選手になる可能性は高い。しかし、ソフトバンクの攝津正や西武の牧田和久のように、社会人からプロ入り後に大きく羽ばたいた選手も少なからずいる。

吉田も、その系譜を継ぐ可能性を大いに秘めている。

(=敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。