高校、大学、社会人。いつプロ入りすべきか

プロ野球選手とタイミング

技術的に言えば、吉田が最も優れる点はコントロールだ。ストレートの球速は常時140キロ台前半から中盤を計測し、両コーナーに絶妙の制球力で投げ分ける。社会人時代は、「調子のいいときはアウトコースだけで抑えられるので、あえてインコースを使わず、行けるところまで外角のみで押していくこともあった」。コントロールがいいと投げミスが少ないため、使う側は計算を立てやすく、それゆえ即戦力と期待されている。

もともとコントロールを持ち味としていた吉田は、JR東日本でさらなる磨きをかけるため、計画的に練習した。特に重視したのが、体幹トレーニングだ。同時に普段の練習では、つねに理想のフォームで投げることを心掛けた。

「たとえば抜けたボールを投げた後、次の1球で修正するためにはどんな意識をすればいいのか。そういった引き出しは、普段のピッチング練習で探すしかないと思います」

「吉田にはムラがない」

制球力を高めるためには、安定したフォームで投げ続けることが求められる。そのために欠かせないのは、本当の意味での技術だ。JR東日本の監督として2011年の都市対抗野球を制し、吉田を2年間指導した堀井哲也が説明する。

「ボールをコントロールしようと思ったら、自分をコントロールしないとできない。相手から逃げる気持ちやストライクを欲しいという色気が、コントロールの乱れにつながっていく。それを含めて技術。そういった意味でボールをコントロールできるようになるには、日々、いかにして積み重ねていくかだと思う」

堀井によれば、吉田はJR東日本時代、つねに最後まで練習していた。黙々と努力し続ける姿を見ながら、指揮官はこう感じていた。

「過去に十亀剣(西武)、小林太志(DeNA)、山口和男(元オリックス)とドラフト1位を3人輩出してきたが、吉田はメンタルの安定感が図抜けている。ブレない強さを持っていて、目標に向かってコツコツと努力していくことができる。好きな野球をしているとはいえ、毎日行っていると、普通はムラが出てくる。でも、吉田にはそれがない。『彼をそうさせるものは何なのだろう?』と、いつも思っていた」

次ページ高校時代の悔しさをプラスの力にする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。