「野球離れ」でも高まる少年硬式野球への期待

ボーイズリーグとリトルシニアの動向・前編

大阪にあるボーイズリーグの関西ブロック・大阪中央支部の松原ボーイズの練習風景(筆者撮影)

若年世代での「野球離れ」が進んでいることは、このコラムでたびたび紹介してきた。とりわけ顕著なのは、中学校の軟式野球だ。

日本中学校体育連盟(中体連)が公表しているデータでは、2017年の中学校の軟式野球部員数は、17.4万人、2008年には30.6万人だったから10年で43%もの減少だ。ポイントは2010年、この年から減少傾向が顕著になっている。

この連載の一覧はこちら

一方で、高校野球の競技人口はそれほど減っていない。高野連(日本高等学校野球連盟)が発表した2017年の高校硬式野球部員は16.1万人。2008年は16.9万人だから5%の減少だ。

中学軟式野球部員が激減しているのに、高校硬式野球部員が微減でとどまっているのはなぜか?

高野連は女子部員や試合のときだけの臨時の部員も競技人口に含めている。また部員数が9人を割った野球部も「連合チーム」を認めることによって存続させている。だから競技人口が減らないのだ、という指摘もある。確かにそういう一面もあるが、それだけではない。

高校野球を支えているのは活況の中学硬式野球

中学軟式野球部とは別組織の中学硬式野球チームが元気なのだ。今回、筆者は日本の主要な中学硬式野球4団体を取材し、独自に各連盟の選手数を集計した。2010年以降の中学の軟式野球と硬式野球の競技人口の推移をグラフにするとこうなる。

2010年に29万人いた中学軟式野球選手は、2017年には17.4万人と40%減少しているのに対し、硬式野球選手数は4.9万人から4.8万人とほとんど変わらない。それだけではなく、硬式野球チームにかかわる選手や親の熱意は近年ますます高まっている。中学硬式野球チームから高校の野球部へと進むルートは年々太くなっている印象だ。

「野球離れ」の中で、高校野球の競技人口がさほど減っていない背景には、活況を呈する中学硬式野球の存在があるのだ。

本記事では前編として4つの代表的な中学硬式野球団体(ボーイズリーグ・リトルシニア・ヤングリーグ・ポニーリーグ)のうち2つの団体を紹介する。後編については7月22日配信の記事でヤングリーグとポニーリーグをとりあげる。今後、我が子に野球をやらせたいという親御さんの1つの参考にしていただければと思う。

次ページプロ野球の流れをくむ「西のボーイズ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT