ポルシェ911は"モテ男"の余裕を示す車だ

4人の高級車オーナーとドライブデート<1>

カジュアルだが清潔感のあるスタイルで現れたポルシェ君。愛車はもちろん、ポルシェだ

その日の彼はRay-Banのサングラス、エンポリオアルマーニの時計、プラダのスニーカーを身にまとい、カジュアルだが清潔感のあるスタイルに好感が持てた。ゴールドジムで鍛え上げた体は筋肉質で、最近話題の(ソフト)ゴリラ男子を思わせる。

SHAKE SHACKっていうニューヨーク発祥のバーガーのお店ができたらしいんだけど、ドライブの後行ってみない? オープンしたばかりだから結構並ぶかもしれないけど」

助手席に沈み込むように座ると、エンジン音が心臓にまで響くようだ。外苑前駅を後に、六本木方面へ車を走らせた。

マーケット部門で株のトレーディング

車は見ているだけでも楽しい

――ポルシェ君、若いのにこんな車に乗っててすごいね。もともと車は好きなの?

「自動車メーカーに勤めていた父親の影響なのかな。小さい頃から家の車がよく変わってて、ジャガーとかBMW、レクサスとか見ているうちに自然と興味を持ったんだと思う。車は見てるだけでも、楽しい」

――この前、金融業界で働いてるって言ってたけど、どんな仕事なの?

「簡単に言うと、マーケット部門で株のトレーディングをしてる。就活の時にOB訪問する中で金融にいちばん興味が持てたんだ。英語も使えるし、まあ外資系だから年収もいいしね(笑)。医者の家系だから、昔は医者になれって親に言われてたんだけど……」

次ページ休みの日は何してるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。