P&G、日本未上陸のブランド投入で反撃

日本トップのベセラ新社長が明かす秘策

――社長自ら経営者を育成するということか。日本の社員と接する中で感じた、彼らが秀でている点とは。 

規律正しく、グループワークが得意で、約束したことに責任感があるところは、世界のP&Gの中でもトップレベルだ。

――逆に足りないところは。

日々刻々と変化する市場の環境に対し、柔軟に対応することも必要だと思う。

――日本市場をどのようにみているか。

ほかの地域でのP&Gの競合他社と比べ、優秀で尊敬できる企業が多い。少子高齢化で量的拡大があまり見込めない中、世界一スピードの速いイノベーションの戦いで、しのぎをけずっていくことになる。ただ、これはネガティブなことではない。消費者にとっても、流通にとっても、前向きな戦いだ。

驚くべき日本の消費者の反応

世界ではトップシェアを総なめのP&Gだが、日本ではその強さを発揮し切れていない(撮影:尾形文繁)

――日本の消費者にはどういう特徴があると思うか。

現在、日本の消費者の暮らしを観察する機会を、十分持つようにしている。これまで実際に、神戸や大阪の消費者の家庭を訪問し、どのような生活をしているのか、商品をどのように使っているのかを、観察してきた。また、毎週のようにある東京出張の合間を縫って、ドラッグストアや百貨店内の「SK-Ⅱ」のカウンターに行き、どのように買い物をしているかも見た。

その結果、驚いたのが、新しいものに対する反応が他のどの先進国よりも早いことだ。例を挙げよう。雑誌を読んでいた女性がステッカー広告を見つけた。すると、彼女はその商品を即座にスマホで調べ、ありとあらゆるツールを駆使して情報を集め、それを入手し、写真を撮って友達に拡散した。このように、新しいものに対するアンテナを常に張って、トライしてみようという情熱がある。

――PR戦略にも力が入るのでは。

電車で通勤する際に思うことだが、日本人とスマホとの関わり方は半端じゃない。ちょっとのめり込み過ぎなくらいだ。日本ではテレビCMの重要性が他国より高いと思うが、広告環境は刻々と変化しており、WEBでのコミュニケーションが重要になっている。テレビを見ながらパソコンをいじり、傍らにはスマホがある――。ときにそんな状況もある中、あらゆるディスプレイで機能する広告戦略が必須となる。

次ページ43ブランドを売却し、整理できた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。