ユニ・チャーム、好業績の背後に2つの不安

足元2ケタ成長でも中国でシェア低下

ユニ・チャームの中国事業は好調だが、紙おむつ市場の競争は激化している

紙おむつ、生理用品国内首位の日用品メーカー、ユニ・チャームの業績拡大が続いている。けん引役は売上高の過半を占める海外事業だ。

2014年度(14年4月~12月)が変則決算だったため純粋な比較はできないが、12カ月換算で見ると、2015年12月期も2ケタの増収増益を見込む。今期の会社計画は売上高7600億円、営業利益860億円。売上高は14期連続、営業利益は9期連続で過去最高を更新する。配当も14期連続増配となる。

中国とインドネシア事業が躍進

前期のユニ・チャームの海外売上高比率は60%だった。中でもアジアの比率が高く、全体の45%を占めた。稼ぎ頭は中国とインドネシアだ。同社はほかの日用品メーカーに先駆けて海外に進出。中国には1995年、インドネシアには1997年に参入した。その成果が実を結び、中国の売上高比率は前期全体の18%、インドネシアは11%までに膨らんだ(全て円換算、利益は非開示)。

15年12月期も成長ドライバーは中国とインドネシアだ。中国では2014年8月、紙おむつ「マミーポコ」ブランドで、1枚当たり2~2.5元のプレミアムライン「超特級」を投入。既存品より価格が約5割高く、今期はその本格貢献を見込む。日本で展開している紙おむつ「ムーニー」の中国向け輸出も勢いが続きそう。ムーニーの価格帯はプレミアムラインのさらに上を行き、スーパープレミアムラインと呼ばれる。プレミアムラインのマミーポコと合わせ、販促費を積極的に投入し、小売店での販売スペースの確保を進める。

1歳過ぎの幼児を対象とした「パンツ型」紙おむつの需要が拡大していることも追い風だ。中国の紙おむつ市場は、1歳未満の幼児を対象とした「テープ型」が主流だったが、日本のように紙おむつを長く履く習慣が浸透し、「パンツ型」が売れるようになった。パンツ型は最初から下着と同じパンツ状になっているため、おむつ替えにさほど困らないというメリットがある。販売単価はテープ型のプレミアム品とほぼ同等で、業績への貢献も大きい。

次ページネット展開で出遅れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT