セブングループ、”弱点”が目立ち始めた

コンビニ事業は揺るぎない強さだが・・・

セブン&アイ・ホールディングスの決算ではコンビニの好調が目立ったが・・(撮影:尾形文繁)

コンビニ業界首位、セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン)の強さは相変わらずだ。1月上旬に出揃った各社の第3四半期(2014年3~11月)の既存店売上高は、セブンが前年同期比2.4%増、ローソン、ファミリーマートはそれぞれ1.4%減、1.5%減だった。各社の積極的な出店によるシェア争いの激化や、消費増税の影響がある中、セブンだけが既存店のプラス基調を維持している

コンビニと金融以外は足踏み

ただ、グループ全体でみると安泰とはいえない。セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイHD)の第3四半期決算では、売上高に相当する営業収益が7.5%の増収だったものの、利益はほぼ横ばいに止まった(通期の営業利益は4.8%増の計画)。

収益の内訳をみると、コンビニ事業とセブン銀行を中心とした金融事業が順調で、この2つが営業利益の大部分を稼ぎ出している。しかしスーパー事業の中核であるイトーヨーカ堂は赤字。百貨店のそごう・西武や、人手不足による人件費高騰が重荷となっている外食事業(セブン&アイ・フードシステムズ)も苦戦している。いずれも通年計画と比べて、業績の進捗率は芳しくない。

特にイトーヨーカ堂は2014年3~5月の第1四半期こそ増益だったが、第2四半期以降は営業赤字が続き、第3四半期累計では単体ベースで25億円の営業赤字(前年同期は37億円の黒字)。期中ながら赤字に転落するのは4年ぶりだ。

ライバルのイオンは、総合スーパー事業で第3四半期に289億円の営業赤字(前年同期は247億円の営業赤字)を計上しており、この苦境ぶりと比べれば”傷”は浅い。だが、イトーヨーカ堂は通期で130億円(前期比15%増)の営業黒字を計画しており、予想に反して業績不振にあえいでいることは間違いない。

次ページヨーカ堂で異例のテコ入れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT