セブングループ、”弱点”が目立ち始めた

コンビニ事業は揺るぎない強さだが・・・

セブン&アイ・ホールディングスの決算ではコンビニの好調が目立ったが・・(撮影:尾形文繁)

コンビニ業界首位、セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン)の強さは相変わらずだ。1月上旬に出揃った各社の第3四半期(2014年3~11月)の既存店売上高は、セブンが前年同期比2.4%増、ローソン、ファミリーマートはそれぞれ1.4%減、1.5%減だった。各社の積極的な出店によるシェア争いの激化や、消費増税の影響がある中、セブンだけが既存店のプラス基調を維持している

コンビニと金融以外は足踏み

ただ、グループ全体でみると安泰とはいえない。セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイHD)の第3四半期決算では、売上高に相当する営業収益が7.5%の増収だったものの、利益はほぼ横ばいに止まった(通期の営業利益は4.8%増の計画)。

収益の内訳をみると、コンビニ事業とセブン銀行を中心とした金融事業が順調で、この2つが営業利益の大部分を稼ぎ出している。しかしスーパー事業の中核であるイトーヨーカ堂は赤字。百貨店のそごう・西武や、人手不足による人件費高騰が重荷となっている外食事業(セブン&アイ・フードシステムズ)も苦戦している。いずれも通年計画と比べて、業績の進捗率は芳しくない。

特にイトーヨーカ堂は2014年3~5月の第1四半期こそ増益だったが、第2四半期以降は営業赤字が続き、第3四半期累計では単体ベースで25億円の営業赤字(前年同期は37億円の黒字)。期中ながら赤字に転落するのは4年ぶりだ。

ライバルのイオンは、総合スーパー事業で第3四半期に289億円の営業赤字(前年同期は247億円の営業赤字)を計上しており、この苦境ぶりと比べれば”傷”は浅い。だが、イトーヨーカ堂は通期で130億円(前期比15%増)の営業黒字を計画しており、予想に反して業績不振にあえいでいることは間違いない。

次ページヨーカ堂で異例のテコ入れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。