大衆迎合政治が日本を蝕んでいる--『反ポピュリズム論』を書いた渡邉恒雄氏(読売新聞グループ本社会長・主筆)に聞く

大衆迎合政治が日本を蝕んでいる--『反ポピュリズム論』を書いた渡邉恒雄氏(読売新聞グループ本社会長・主筆)に聞く

「衆愚の政治」と断固戦うという、読売新聞主筆による渾身の政治論とは。

──世の中にポピュリズムが蔓延しているようですが。

『広辞苑』では第六版から、ポピュリズムについて「一般大衆の考え方、感情、要求を代弁しているという政治上の主張、運動。これを具現する人々をポピュリストという」という定義が追加された。しかし、これではポピュリズムではなくて、単なる民主主義の定義みたいだ。なぜ、大衆迎合政治と言わないのか。

最近、朝日新聞が「民主主義を鍛え直そう」と題する社説の中で、脱原発デモという直接民主主義を礼賛している。これこそ「ポピュリズム万歳」と言っているようなものだ。

──1999年にも著書『ポピュリズム批判』を出版しています。

ポピュリズムに興味を持ったのは石橋湛山元首相の影響もある。石橋さんはアンチポピュリストだった。戦前、世論全体が大国主義に向かっているときに、植民地を捨てよ、むしろいらないと主張した。事実、日本は軍事力を使って植民地を得、結果的に敗戦し、戦後は植民地を失って通商国家として復興に成功した。

駆け出し記者の頃、僕は石橋邸の近くに住んでいて、朝、国会まで車に同乗させてもらったこともある。僕は大学時代は共産党員で、その後転向したが、理論的な基礎は石橋さんたちの「小日本主義」だった。当時、まさに石橋さんはポピュリズムの逆に位置していた。その頃は「昭和維新の歌」がはやっていて……。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT