我らはいつクリスマスの「本質」を忘れたのか

クリスマスこそ多様性を受け入れよう

(写真:RCameraman/PIXTA)

原文はこちら

秋の半ばからクリスマスが近づいてきたと感じる。念のために言っておくと、現在ではブラックフライデーがある。これは米国からもたらされたもので、その時期に人々はクリスマス気分で出来うる限りの買い物をする。

私の古い考え方からすると、「神が商売人に幸福を与える」日であるとの見方には賛同しかねる。いつの間にやら、11月の早い時期からクリスマスを楽しむようになったが、私が子供の頃、クリスマスはその前日の12月24日にやって来るものだった。

皆で夜中のミサに参列して、父が迎えに来てくれた。翌朝目を覚ますとプレゼントを開け、昼食のターキーを用意する。クリスマスの翌日は冷めたターキーとハムに迎えられる公休日であり、12月27日は平日に戻る。これがすべてだ。次のクリスマスは翌年の12月24日からだ。

商業主義ここに極まれり

最近では、キリスト教徒であろうとなかろうと、イエス・キリストの誕生を記念するどんちゃん騒ぎや巨大商戦に見舞われる。もちろん、クリスマスの商業的な側面は以前からあるが、それは養鶏業者やグリーティングカード業者にとってだけだった。だが現在、多くの国では、キリスト教徒が少数派だったとしても、休日や度の過ぎた楽しみのもとになっている。

このイベントを象徴するものが非常に複雑な場合がある。東京のデパートではその時期の到来を客に示すため、エントランスホールに巨大な十字に架けられたサンタクロースが吊るされるという。作り話かもしれないが、こんな話があると、真冬の宗教的行事は文化的な錯綜につながるものだなと感じる。新約聖書で読んだのは、現在はイスラエル国防軍が有刺鉄線で囲んでいるベツレヘムの馬小屋までの長い道のりのすべての話なのだが。

次ページ不寛容さは宗派を問わず
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT