ルペンやトランプの主張は、間違っている

グローバル化と愛国主義は矛盾しない

(写真:Eric Gaillard/ロイター)

原文はこちら

政治的に新たな断層がグローバル主義者と愛国者との間にある、とフランスの極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は主張する。これは英国のユーロ懐疑論者や、米国の共和党大統領候補ドナルド・トランプの主張に似ている。しかし、それは危険であると同時に誤りである。

12月13日実施されたフランス地方選挙の第2回最終投票の結果からすればそれは、少なくとも同国の有権者が、完全に拒否した主張ということにもなる。有権者の73%は国民戦線のライバルに票を投じ、国民戦線は一勝もできなかった。

ルペンは、主要政党が彼女を寄ってたかって攻撃していると非難し、主要政党が手を組んだことは民主主義の否定だと述べた。彼女の主張はもちろん典型的な負け惜しみにすぎない。 2段階の投票制度は、政党とその支持者にコンセンサスを探り、パートナーシップを形成させるためのものだ。国民戦線は、共同戦線に勝つ方法を見つけない限り、選挙の突破口を開くことはできないだろう(同じことがトランプについても言えるだろう)。

非常に危険な主張

言うまでもないが、国民戦線に投票した者だけが真の愛国者だというルペンの主張は、却下されるべきものだ。彼女は、他の政党の支持者を引き付ける可能性がある強力なメッセージに的を絞って発言してきた。

こうしたナショナリストの大言壮語の基礎となっている前提は、開放することよりも閉鎖することが、より国益にかなうというものだが、これは非常に危険だ。

開放は反逆であり閉鎖は愛国的だ、との信念は、先進諸国の1945年以降の政治や政策の枠組全体を否定するものだ。それは、厄介な貿易制限を課して少数民族を迫害・追放した両大戦間期に時計の針を戻そうとする試みだ。建国以来、最も制限の厳しい移民法を制定してきた米国についても、同じことが言える。

次ページグローバル化は拒絶できない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT