東洋経済CSRデータの詳細分析で判明!「女性が活躍する企業」はここが違う《第3回》 女性従業員が活躍する企業と支援制度の関連性は低い?

 図表2は、女性従業員の活躍と社内制度の相関関係を示したものである。相関関係とは、2つの変数(ここでは、女性従業員の活躍を表す指標と社内制度の有無)の関連性を表すものであり、この関連性は相関係数という数値で表現される。

図表2 女性従業員の活躍と社内制度との相関関係

[+]画像拡大


相関係数は-1から1までの値をとり、相関係数がマイナスの場合には、一方の変数の値が大きくなると他方の値が小さくなり、相関係数がプラスの場合には、一方の変数の値が大きくなると他方の値も大きくなることを意味する。相関係数が0の場合は、両者に関連性はないことを示している。

ただし、関連性があるかどうかは、より厳密には統計的な見地から判断する必要がある。そこで、厳密に関連性があると判断されるケースについては、相関係数の横にアスタリスクを付与した。

では、分析結果を見ていこう。まず、両立支援に関する制度については、フレックスタイム制度やワークシェアリング、半日単位の有給休暇制度と女性従業員の活躍にはマイナスの相関関係が見られる。また、これ以外の制度と女性従業員の活躍には、関連性は見られない。この結果は、女性従業員が活躍する企業ほど、両立支援施策の取り組みが遅れているか、少なくとも進んでいないことを示している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT